内側上顆炎ともいい、野球などの投球動作での負荷により起こる事が多いので野球肘と呼ばれます。
物を握って作業する事が多い人にも頻発します。
レジ作業やラケット競技など手を使うことが多い人は注意が必要です。

【症状】

野球肘肘の内側(小指側)の骨の出っ張りから前腕の手のひら側にかけて痛みが出ます。
手を握りこみ手首を動かす動作や、押さえた時の痛みが強く、
競技練習後や仕事後に疼くような痛みを出し、
悪化すると力を入れるだけで激痛が走る様になります。

また外側にも痛みが出るようになり軟骨や骨に傷が入ると競技自体が継続困難となることがあります。

肘の後側の痛みがある場合肘の曲げ伸ばしで痛みが出ます。

【原因】

内側

内側の骨の出っ張りから指手のひらにかけて、手首を下げる、指を曲げる筋肉がたくさん付いており、
酷使する事で炎症や柔軟性の低下が起こる事で痛みを出します。
野球では投球時のアクセレーション期(加速期)に肘が後ろに引き伸ばされる反動で内側のじん帯筋肉に負担がかかることで起きます。

外側

その後、内側のゆるみによって外側にも押しつぶされるストレスが加わることで骨同士がぶつかり損傷します。

後側

後の骨には投球時に肘を思い切り伸ばすときの筋肉(上腕三頭筋)がついており、そこに繰り返しひっぱられるストレスが加わることで炎症を起こしたり、骨の一部がはがれることで起こります。

【治療法】

「安静」 スポーツ障害の基本です。
患部にかかる負荷を極力減らし、競技中止も必要な場合もあります

「ストレッチ」   ひじから手のひらにかけてのストレッチ
「テーピング」   患部の筋肉をサポートするために行います

てつ接骨院ではこれらの指導はもちろんのこと、
微弱電流による   炎症の軽減・筋肉の柔軟性UP・自己治癒力の促進 と
各種テーピング療法による   痛みの除去と筋肉の動きのサポート を
行いさらに早期回復に向けた施術を行います。

【自己ケア】

自宅で行う自己ケアです。

スポーツ障害で大切なこと
スポーツ障害での安静
スポーツ障害での安静の目安
二の腕のストレッチ
前腕のストレッチ
アイシング

あくまで「自分でできること」であって、最低限のケアになります。
自己判断をせずに医療機関に診断を仰ぎましょう。

またこれらは、予防法にもなります。
参考にしてください。

         
^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-
 
完治を目指すリハビリ型接骨院
 
丹羽郡扶桑町、大口町、犬山市、江南市、その他近隣地域の方、
ケガ(ねんざ・つき指・筋肉の炎症等) スポーツ障害(治療・予防・指導)
慢性痛(肩こり・腰痛) 交通事故治療(むちうち・打撲等)
トリガーポイントキネシオテーピングリハビリなど
丹羽郡扶桑町の「てつ接骨院」にご相談ください。
月1回の土曜午後無料相談もご利用ください。