大腿筋膜張筋のストレッチ

大腿筋膜張筋はランニングやウォーキングをする際に

しっかりと足をつきがに股や横方向へのブレを制御するのに活躍します。

ココが硬くなることでスポーツ障害の原因になったり、
歩行時や階段昇降の痛みを引き起こします。

このストレッチは他のものに比べ伸ばしにくいストレッチの一つです。
コツをつかむには練習が必要です。

ストレッチの基本

まずはストレッチの基本を確認してください。

ストレッチとは
ストレッチのやり方

方法

では詳しいやり方です。腸脛靭帯 ストレッチ

  1. 横向きに寝て伸ばしたい方の足を後に下ろします
  2. ベッドの下に向かって下げていきます
  3. ももの横のツッパリ感を確認

腸脛靭帯 ストレッチ

 

立って行うこともできますし、
柔らかい人はそのまま座って行うこともできます。

 

仰向けで行う方法

  1.  伸ばす方の足を反対側へ倒します
  2.  膝は伸ばしたままゆっくり下ろしていきます
  3.  ももの横のツッパリ感を確認

腸脛靭帯 ストレッチ

【注意事項】

  • 立ってやる場合は
    転倒に注意!
    姿勢はまっすぐを意識!
  • 膝が曲がらないように

完治を目指すリハビリ型接骨院

保険診療

ケガ(ねんざ・つき指・筋肉の炎症等)
スポーツ障害(治療・予防・指導)
交通事故治療(むちうち・打撲等)

自費診療

慢性痛(肩こり・腰痛)
メンテナンス(スポーツケア・慢性痛予防)
 
痛みや、そのリハビリにお困りの、丹羽郡扶桑町、大口町、犬山市、江南市、近郊の皆様、丹羽郡扶桑町の「てつ接骨院」にご相談ください。
月1回の土曜午後無料相談もご利用ください。