前回は慢性症状での借金についてお話ししましたが、
今回は返済。
抱えた負担をどのように改善させていくのかをお話しします。

返済はストレッチ

借金は負担というお話をしましたが、正確には筋肉の柔軟性の低下が原因です。
柔軟性を犠牲にして作業や運動をしている状態、つまり「借金」です。
その柔軟性を取り戻す「返済」に必要なものはストレッチが基本。

楽なもみほぐしや整体はごまかしているだけ

疲れたから揉んでもらう、というのは一時的に血行を促進させ、楽になるという効果が見込めますが、筋肉の柔軟性が戻るわけではありません。
また整体で骨をボキボキ鳴らしても筋肉は柔らかくなりません。

負担をかけて失われた柔軟性はそのままに、一時的に楽にしているのは、その場しのぎにしかならず、それを繰り返し誤魔化してばかりいるといつの間にか柔軟性は無くなり、より症状が出やすくなります。
さらに、気持ちがいいからと強く揉み倒したり、押しつぶすようなマッサージをすると、さらに筋肉は疲労し、そしてその強い刺激に対抗しようとより硬くなっていきます。

返済のために別の金融機関から借金をしてる状態に近いですね。
ストレッチをして筋肉の柔軟性をきちんと取り戻すことがとても大切です。

所持金の増やし方

前回もお話しした通り、もともとの所持金がたくさんあれば借金をすることなく終われるようになります。
借金の返済にはストレッチということは上記のとおりですが、マッサージと違いうのは、続けていくとどんどん柔軟性が上がり柔らかい体を手に入れることができます。
そもそもの柔軟性が上がれば借金をして硬くなっていっても症状が出るまでに時間的猶予が生まれることになります。
所持金が上がるということです。

筋力も必要だけど…

さらに筋力をつければ負荷に対抗する力が付き、さらに疲れにくくなります。
しかし、腰痛の人にありがちなのは、症状を改善するためにまず腹筋や背筋をしようとしてしまうこと。
これは柔軟性があってこその効果だと思ってください。
柔軟性のない筋肉は、つまり動きが悪いということ。
動きの悪い筋肉をむりやりトレーニングしたとしても、それはただの負担にしかならず、
効率よい筋力アップにはつながりません。

イメージとしては小さなお財布に無理やりお金を詰め込んでいる状態。
ストレッチによりお財布を大きくしてからお金を入れましょう。
無理に詰め込みすぎると破れてしまいますよ(筋肉が)。

借金しにくく返済しやすい体に

ストレッチにより借金を返済しつつ、さらに所持金を多くするようにしていけば、
貯金ができ借金に対しての余裕が生まれ症状が出にくくなってきます。

さらに柔軟性がある筋肉は、ない筋肉に比べてストレッチの効果は出やすく、
そしてあなたはもう返済の仕方を分かっています。

返済をする習慣を身に着けていけば、より借金しにくく返済しやすい体になります。

大切なのは借金と返済のバランス

どうですか、少し難しい話になってしまいましたが、理屈がわかれば後は体で慣れるだけです。

それに皆さん同じようなことを普段からしています。
虫歯にならないために歯磨きをしますよね?
肌寒いなと思えば一枚羽織りますよね?
のどがイガイガしてきたら手洗いうがいを。
それと同じことを筋肉にもしてあげてください。

負担(借金)とケア(返済)のバランスを上手に調整して肩こり腰痛とサヨナラしましょう!


完治を目指すリハビリ型接骨院

保険診療

ケガ(ねんざ・つき指・筋肉の炎症等)
スポーツ障害(治療・予防・指導)
交通事故治療(むちうち・打撲等)

自費診療

慢性痛(肩こり・腰痛)
メンテナンス(スポーツケア・慢性痛予防)
 
痛みや、そのリハビリにお困りの、丹羽郡扶桑町、大口町、犬山市、江南市、近郊の皆様、丹羽郡扶桑町の「てつ接骨院」にご相談ください。
月1回の土曜午後無料相談もご利用ください。