肘内障

幼児に多くみられる「肘が外れる」と言われるものです。
幼いころは関節、靭帯がゆるく起きやすい症例で、成長とともに見られなくなります。

【症状】幼児 肘

子供が急に腕を体に付けたまま使わなくなります。
急に痛みが出て泣く子もいますが、何も言わずに隠している事も多いです。
自分に起きている異常に恐怖を感じ、悟られないようにふるまうようです。
おやつやおもちゃを片手ずつに渡すなどして確認できます。

【原因】

肘から下の2本ある骨のうち親指側の橈骨と言われる骨に付いている輪状じん帯が外れることで起こります。
大人にみられる骨が外れる脱臼とは違うものです。
急に手を引っ張られた時や、寝返りで体に巻き込まれて起こります。

【治療法】

簡単な整復(はめる事)ですぐに元に戻りますが専門的な知識・技術が必要です。
痛みが残る場合や再発しやすい場合は軽く固定をすることもありますが、多くは必要ありません。
肘内障は一度なると外れやすくなる子もいるので注意が必要です。

このような症状がみられる場合はすぐにお越しください。