僧帽筋のストレッチ首の筋肉 僧帽筋

首の代表的な筋肉「僧帽筋」。
でも実は首の動きには大きく関係していません。
肩甲骨に付着し肩甲骨の動きや安定の役割を持っています。
そのため僧帽筋が弱ると猫背の原因になり、逆に猫背でいることで負担がかかり肩こりや痛みの原因となります。

とても大きく上部・中部・下部にの3つからなりストレッチも異なります。

今回は上部僧帽筋のストレッチについて説明します。

ストレッチの基本

ストレッチとは
ストレッチのやり方

方法

首ストレッチ

右側の場合

  1. 姿勢を正して顔を左に向ける
  2. 左足を覗き込むように頭を下げる
  3. 頭の上に手を置き重みでゆっくり伸ばす
  4. 顔の向き、倒す角度で微調整

注意

  • 反対側に痛みが出る場合は無理をしない
  • 首から肩にかけてのツッパリ感を意識
  • 手で引っ張らずに重しとして置く

 


完治を目指すリハビリ型接骨院

保険診療

ケガ(ねんざ・つき指・筋肉の炎症等)
スポーツ障害(治療・再発予防・指導)
交通事故治療(むちうち・打撲等)

自費診療

慢性痛(肩こり・腰痛)
メンテナンス(スポーツケア・慢性痛予防)
 
痛みや、そのリハビリにお困りの、丹羽郡扶桑町、大口町、犬山市、江南市、近郊の皆様、丹羽郡扶桑町の「てつ接骨院」にご相談ください。
土曜午後無料相談もご利用ください。