腰痛の原因は腰じゃないかも!

初回投稿日:2017.2.8

立ち仕事で前のめりでいる姿勢は、腰だけでなく、お尻、もも、ふくらはぎまでの筋肉を使っています。
これらが協力、連携をしながらその姿勢を保っています。

そのため長い立ち仕事などで腰痛がある場合、腰だけでなくほかの筋肉が原因の事があります。
腰痛だけど腰になんの原因も見当たらない人も珍しくありません。

その腰痛の原因は「もも」かもしれませんよ!

ももの後ろの筋肉が硬く機能が落ちていると働きが悪くなり、その分の負担を他の筋肉が担うことになります。
それが原因で腰の筋肉に限界が来ているのかもしれません。
その場合は腰の治療ではなく、ももの機能訓練が有効になります。

ぎっくり腰になることも

上記のように腰への負担が増え、不意な動作でストレスが腰に集中し、ぎっくり腰を起こすことがあります。
この場合は腰にも損傷や炎症が起きてしまっているので、腰への負担を少なくして安静が有効です。

腰痛

そんな時でも、逆に腰の負担を減らすために、もも裏のストレッチがおススメです。
ももの機能は落ちているわけですから、一時的にストレッチで機能を上げてあげると、結果、腰の負担が減り早期回復につながります。

ももの後ろのストレッチで

前屈で手が床からはるか遠く離れている方はももの後ろのストレッチをしてみてください。

小中学生は大人の体になる転換期です。
小学生のうちから体の硬い子は本当に増えており、そのまま中高生になり、それが原因で様々なスポーツ障害を起こしてしまっている子も目立ちます。
大人の体になってしまうと体質を改善するのに時間がかかります!!
順応性の高い子供のうちから体の柔軟性と体幹の強さを身に付けておくことが大切です。