当院の新型コロナウイルス対策について

てつ接骨院では新型コロナウイルス感染症の流行の対策について以下のように実施しています。

てつ接骨院の感染症についての考え方はこちらをご覧ください。

マスク着用と手指消毒

てつ接骨院では患者様の施術毎に手指洗浄、またアルコール消毒をこまめに行っています。

またマスクを着用の上、「密接」対策を行い、万が一の感染拡大を防止しています。

院内換気

てつ接骨院の換気機能は厚生労働省による設備基準を満たしています。
さらにサーキュレーターにより空気循環を行い「密閉」を防いでいます。

施術毎の設備消毒

てつ接骨院では患者様が共有で使用する、ベッド、枕などは施術毎に消毒清掃を行っています。
ベッド・マット・電気治療接触部分:次亜塩素酸水
ブランケット・電気治療器装着用ベルト:界面活性剤

また、ドアノブや手すり、待合ソファなども、こまめに「次亜塩素酸水」による除菌清掃を行っています。

これらにより、接触感染のリスクを防いでいます。

キッズスペース

キッズスペースのおもちゃ等は、使用後にアルコール消毒を行い常に清潔を保っています。
アルコール残りわずかとなり、安全な使用を保証でいないため中止しております。
子供向け番組・アニメ映画の録画等もございますので、お子様がいるため、来院が難しいという方もお気軽にご利用ください。

来院時のお願い

マスク着用は感染予防にはなりませんが、飛沫を飛ばさないためにお願いしております。

受付横に患者様用の消毒アルコールを設置しております。ご協力ください。

また、発熱、咳、倦怠感等がみられる方は来院をお控えくださるよう、よろしくお願いいたします。

帰宅時のお願い

これはてつ接骨院に限らず、行うことで感染予防につながります。
ウイルス感染の一番の原因は接触感染です。
手洗いが最も感染予防には有効です。
マスクをしていないことよりも、手が汚染されていることのほうがよっぽど危険です。

施術室の入室制限

患者様同士の間隔をあけ、2人までの入室制限を行っております。
3人目の方は待合室でお待ちいただきますが、それ以上の「密集」が起きない様に下記密集対策を行っております。

患者様の密集対策

てつ接骨院は、接骨院の本来の業務である急性のケガの方がいつでも受診できるよう予約制ではありませんが、従来より、混雑緩和のためのシステムをとっております。

  1. 「混雑目安表」をもとに次回来院の日時を決める
  2. その枠に自分の診察券番号を記入
  3. それを各自確認することで混雑する時間帯を把握
  4. 変更の連絡不要
混雑目安表

感染対策としての変更点

緊急事態宣言に伴い、てつ接骨院の対策レベルも一段階引き上げます。
混雑時間の集中を防止し、院内の密集を防ぐことを目的としています。

  • ひと枠の記入数 何人でも → 一人(一組)のみ
  • あくまで目安 → できるだけ正確に
  • 未定の人もできる限り記入

ご活用ください。

初診の患者様へ

てつ接骨院では従来より初診専用の時間外予約を設けております。こちらもご利用ください。
初めての方はこちら

通常受付時間しか来られないという方も、てつ接骨院では上記のように急性の方がいつでも来院できるよう予約制ではありません、また、上記のような対策により治療が受けられないということはございません。
コロナ流行により、現在は良くも悪くも患者様は少ないため、時間枠がすべて埋まってしまうということはありませんので、安心してご来院ください。