長く競技を続けるためのスポーツ治療

スポーツ障害

痛みの出た原因・日時・場所がはっきりしているものには保険を使って治療が受けられます。
保険診療の注意事項

スポーツ後の疲れやメンテナンスなどのケアはこちらをご覧ください。

スポーツ外傷

サッカー、バスケ、ラグビー、柔道などコンタクトスポーツで起こる、一度に大きな負荷がかかり起こるケガです。

  • 足首の捻挫
  • つき指
  • 接触による打撲
  • 肉離れ etc.

ケガについてはこちらもご覧ください。

スポーツ障害

ランニング、ダッシュ、ピッチング、スウィングなど、特定の動作を繰り返すことでストレスが加わり損傷します。

  • オスグッド・シュラッター病
  • ジャンパー膝
  • ランナーズニー
  • 野球肩、野球肘
  • テニス肘
  • アキレス腱炎

長く競技をするには高い意識が必要です。

ケガは運動をしている人ならだれでも起こります。
これによりパフォーマンス低下や、競技継続が難しくなることもあり、選手生命にかかわるものもあります。
まずはケガをしないこと、そしてケガをしてしまったら早期に治療することが大切です。

治療からリハビリまでしっかりとお手伝いします。

症状によっては競技休止をしなければならないこともありますが、ただ休むだけではなく、安静、リハビリ中の自己ケアなどを指導し、治療終了後にパフォーマンスが落ちてしまわないようにアドバイスいたします。

料金はこちら