早期回復をうながす微弱電流療法

微弱電流治療

微弱電流とは

元々生体に流れている電流(生体電流)と同じくらい小さな電流の事で、異常を起こしている場所ではこの電流バランスが崩れ、痛みを誘発します。

微弱電流療法とは

本来身体に流れている生体電流に近い微弱電流を患部に流すことで、 本来の正常な状態へと戻していく働きがあります。
これにより損傷部の修復を促進し関節や筋肉の炎症・硬結・痛みの緩和につながります。

また、全身に流すことで自己治癒力を高め、治療効果を高める働きがあります。