ナゴヤアドベンチャーマラソン

ナゴヤアドベンチャーマラソンのテーピングボランティアに行ってきました。

朝の弱い「てつ」もこの日ばかりは超早起きです。
朝の5時半出発で庄内緑地公園へ。

キネシオテーピング

今回はフル、ハーフ、10キロマラソンが行われたので、
とても多くの方にキネシオテーピングを試してもらう事ができました。

マラソンに多くみられるのは
もも、ひざ、ふくらはぎ、アキレス腱、足の裏。

膝の場合、ほとんどの原因はももの機能の低下が原因です。
もちろんケガなどの場合はじん帯に原因があることもありますが、
そうではない場合走りすぎた筋肉の柔軟性の低下や走行不全が起こります。
そういった場合キネシオテーピングが効果を発揮します。
またランニング時の負担も軽減されて、疲労や、筋肉痛を抑えることにも効果があります。

アキレス腱の痛みはふくらはぎに同じことが言えます。

また足の裏の痛みは、
土踏まずによる着地の際のショックを吸収する機能が落ちていることが原因となることが多く、
これまた走りすぎて土踏まずの筋肉の柔軟性が低下し、ショックを吸収できないことが考えられます。
また偏平足の人はもともとの機能が低いために痛みをおこしやすい状態です。

キネシオテーピングはこういったパフォーマンスの低下に
とても効果的ですが、
正常な状態でさらにパフォーマンスを発揮するためにも効果があります。

どうせなら万全の状態でテーピングをして、
パフォーマンスを最大限発揮して出場したいですね。

その為には日ごろのトレーニング、ケアのバランスをしっかりと見直すことが大切です。

今回も日ごろのケアをあまりしていないという人が
多くいらっしゃいました。

とくにフルマラソンなどのストイックな競技ほど、
しっかりとした練習メニューとケアを心がけましょう。