五十肩

五十肩とは通称であり、50代の方に多く見られるためこう呼ばれます。
一昔前は40代が多かったため四十肩と呼ばれていました。

「我慢してれば自然に治る」という都市伝説も耳にしますが、「関節が固まりきった」「痛い動作をしなくなった」事で痛みが無くなっただけだと考えられます。
希望的観測で判断するのはやめましょう.

人によって原因や症状は違い一括りに説明するのは難しいのですが、代表的なものを上げていきます。

肩関節周囲炎

肩関節の周りに何らかの原因で炎症を起こしている状態を言います。
肩関節捻挫や腱板損傷もいってみれば肩関節周囲炎です。

肩関節拘縮(凍結肩)

肩関節を構成している筋肉や靭帯の柔軟性が低下してしまい可動域制限が起きている状態を言います。
骨折や捻挫後に起こることが多いですが、何もしなくても徐々に起こることがあります。

五十肩

症状

最初は手を上げた時の違和感程度ですが、徐々にだんだんと痛みが増していき、手を上げた時に強く痛み、多くの場合真上まで上げられなくなります。
また手を後ろに回す事が出来なくなり、エプロンや髪を後ろ手で結ぶ事が出来なくなります。
さらに悪化すると夜中に痛みが出て寝ていられなくなります。
ここまでくると症状はかなり進行していることが多いです。

原因

肩関節周囲炎

関節に突如炎症が起こることで発症します。
転倒で手をついた時など、わかりやすい原因で起こることもあれば、不意な動作で痛みが走り起こることも多くあります。
これは後述の肩関節拘縮により、もともとの可動域に制限があったために、不意な動作でも限界を超えてストレスが加わり、炎症や損傷が起こったと考えられます。

肩関節拘縮(凍結肩)

わかりやすいものは前述の肩関節周囲炎や、肩関節の捻挫などのケガが原因で起こるもの。
しかし五十肩で多いのは、普段から上げる習慣がないことで、知らないうちに少しづつ硬くなり、上がらなくなっているものです。
気づいた時には上がらなくなっていたという人は少なくありません。

治療法

安静

肩関節周囲炎の場合、まずは炎症が落ち着くことが最優先です。
この炎症が長引くことが後々の治療に響きます。
場合によっては固定を行い早期軽減を目指します。

その後、炎症が収まった後、肩関節拘縮に移行した場合は次項のリハビリに移ります。

リハビリ

可動域訓練

負担をかけない範囲で少しづつ関節を動かし可動域を少しづつ広げていく訓練です。

ストレッチ

筋肉を最大限伸ばすことで柔軟性が改善し、同じく可動域の改善につながります。

詳しくは「リハビリ」をご覧ください。

微弱電流療法

微弱電流は、患部の機能を高める効果を狙い通電を行います。
これにより患部の炎症を抑え、自己治癒力を高め、筋肉の働きを正常に近づけることで、早期治癒を目指します。

こちらもご覧ください。「微弱電流療法

キネシオテーピング療法

動きの悪くなった筋肉のサポートや、固まってしまった組織同士の摩擦を減らすことで患部のストレスを減らし早期回復を目指します。

ツール療法

五十肩は姿勢や肩甲骨の動きに問題があることが多く、てつ接骨院では姿勢トレーニングに効果的なツールも各種取り揃えております。

五十肩には肩・肩甲骨にアプローチする「POSTURE2.0」がおすすめです。
人により最適なツールは異なりますが、詳しくは「ツールメニュー」よりご参考ください。

自己ケア

五十肩はケガと同様に安静にすべきものと、少しづつ動かしていかなければいけないものと、症状の度合いが判断しにくい症状です。
また自己ケアはあくまで「自分でできること」であって、最低限のケアになります。
わからない場合は自己判断せずに接骨院や整形外科などにご相談ください。

安静

炎症が起きているうちは、少しでも早くリハビリを始めるためにも安静が大切です。
炎症が収まり次第リハビリを始めましょう。

Rest(安静)

リハビリ

コッドマン(振り子)体操

肩の後ろのストレッチ

肩の前のストレッチ

胸のストレッチ

力こぶのストレッチ

前の記事

コッドマン体操