ジャンパー膝

初回投稿日:2016.4.28

ジャンパー膝とは読んで字のごとくジャンプを多くすることで起きるスポーツ障害です。
バレーボール、バスケット、ハードル競技などに多く起こります。
ジャンプは地面を蹴るだけでなく着地にも負荷がかかります。
その衝撃を吸収するために、ももの筋肉が働きゆっくりと膝を曲げるように着地するため起こりやすいスポーツ障害です。

【症状】

膝のお皿の真上、真下の部分に痛みが起きます。
ジャンプ動作やしゃがみ姿勢、走るときなどに痛みがあります。
最悪の場合膝蓋腱の完全断裂が起こり、手術が必要になります。

また症状の度合いによって痛みの出方に違いがあります。
またそれによって運動量を抑えるのか、休止する必要性があるかの判断が変わります。
詳しくは「スポーツ障害の重症度と安静の目安」をご覧ください。

スポーツ障害 ジャンパー膝

【原因】

痛みの原因

膝のお皿の上にはももの筋肉が通っており、膝蓋腱となって、すねの骨に付きます。
ジャンプをする時、そして着地の時に、ももの前の筋肉(大腿四頭筋)が収縮し、膝のお皿部分に繰り返し引っ張られるストレスを受けることで炎症や断裂が起こります。
ここからオスグッドシンディング・ラーセン・ヨハンソン病を発症することもあります。

スポーツ障害 ジャンパー膝

ストレスの原因

  • 筋肉の柔軟性の低下
  • 足のアーチの低下
  • 過度な運動量、練習頻度
  • 筋力不足
  • 運動後のケア不足
  • 悪いフォームでの運動

特に大腿四頭筋・ハムストリングスの柔軟性低下と猫背は共通して多く見られます。

詳しくはスポーツ障害の原因をご覧ください。

【治療法】

安静

炎症を抑える、損傷部分を修復させるために、スポーツ障害の基本です。
完全休止が必要な場合もありますが、練習メニューを調節して運動量を減らすことが大切です。
詳しくは次項「自己ケア」をご覧ください。

また膝を深く曲げることも避けるようにしましょう。
ひどくなると手術が必要になるものもあります。

ストレッチ

運動後のケアはもちろん大切ですが、硬くなって機能の落ちてしまった筋肉の柔軟性を上げるためにも行います。
詳しくは「リハビリ」をご覧ください。

有効なストレッチは次項「自己ケア」をご覧ください。

テーピング

筋肉の動きをサポートするためや、関節を固定し強制的に安静にするものがあります。
てつ接骨院では固定して、無理やり競技を行うことはお勧めしません。
痛みの除去・軽減をし目的としたピックアップテープ、筋肉の動きをサポートするキネシオテーピング療法を行い、負荷を減らして調整していきます。

固定・テーピングについては「テーピング・包帯法」をご覧ください。

微弱電流療法

微弱電流を使い 患部の炎症を抑え機能を高めるための通電を行います。
また自己治癒力を高める効果もあり早期治癒を目指します。

こちらもご覧ください。「微弱電流療法

インソール療法

偏平足、走行時のフォームなどを補正し改善させます。
てつ接骨院では個人に合わせたオーダーメイドインソールや、その機能を取入れた既製インソールを取り扱っており、ご希望に合わせたインソールをご提供いたします。

インソールについては「ツールメニュー」よりご覧ください。

【自己ケア】

あくまで「自分でできること」であって、最低限のケアになります。
自己判断をせずに医療機関に診断を仰ぎましょう。

安静

スポーツ障害で大切なこと
スポーツ障害での安静
スポーツ障害の重症度と安静の目安

アイシング

RICE処置「I」

ストレッチ

ももの前のストレッチ
ももの後ろのストレッチ

筋力トレーニング

ももの前の筋トレ
筋力トレーニングは柔軟性があって初めて必要になります。
まずはストレッチをしっかり行って柔軟性を取り戻しましょう。

また自己ケアはこれらは、予防法にもなります。
参考にしてください。