外出自粛中でもできる運動①

新型コロナウイルス感染症流行の現在、外出自粛で運動不足になっている方は多く、接骨院として自宅でできる運動をいくつか簡単にご紹介します。
以前のブログで紹介済のものはリンクを貼っておくので合わせてご参考ください。

腰から足にかけてのストレッチです

テレワークや、自宅で長く過ごすことで、座って過ごすことも多くなり、体力の低下はもちろん様々な不調の原因となります。

  • 腰痛
  • 血行不良による冷え性・むくみ
  • 足がつる
  • 坐骨神経痛 など

ストレッチの基本

①伸ばす筋肉を意識
②伸ばす筋肉の力を抜く
③息は止めずゆっくり吐きながら伸ばす
④回数ではなく1回の時間を長く(30秒×3回)
⑤伸ばしたい場所と違う場所に痛みがあるときは無理をしない

ストレッチとは
ストレッチのやり方

腰  

  • 足から転がる
  • まっすぐの足を基準に
  • 腕だけでなく胸から開く
  • 顔もしっかりと向ける
腰のストレッチ

お尻

  • 反対の肩に向かって引く
  • 角度をかえて4方向ほど
  • 片方の足は伸ばす
殿筋のストレッチ

お尻のストレッチ〖1〗
お尻のストレッチ〖2〗
お尻のストレッチ〖3〗

股関節前

  • 前足の膝は90度
  • 胸をはり姿勢を正す
  • 後ろに引く足は膝をついてもOK
股関節の前のストレッチ

ももの後ろ

  • つま先は真上に
  • 反対の足は邪魔にならないように
  • つま先を外・内側へ倒して3方向
  • 膝は曲げない
もものストレッチ
もものストレッチ

ももの後ろのストレッチ

ふくらはぎ(座った場合)

  • 両手で足をしっかり持つ
  • 膝は曲げてもいいができるだけ伸ばす
ふくらはぎストレッチ

ふくらはぎのストレッチ

ジャックナイフストレッチ

  • 足は肩幅
  • 胸と膝はつけたまま
ジャックナイフストレッチ

ももの後ろのストレッチ